【れいたく朗読グループR】第36回公演、迫る❗ 9月30日(土) ❮小池真理子❯の掌編小説集から「千年烈日/一炊の夢/死に水」の3編を朗読劇で紹介します。午後1時30分開場、2時開演。【流山エルズ(生涯学習センター)ホール】  皆さまのお出でを、お待ちいたしております❗

稽古の合間の、ほんのひとときをパチリ。中央の梅田先生もリラックスムードでいらっしゃるが…!今回3本の話を3グループに分けての練習も、いよいよ終盤を迎えつつある。梅田先生の指導の“いいなぁ”と思うところは「こ~だよ~。」とベテランの役者さんの顔でやってみせてくれるところかな?分かりやすいし、その時の表情、これがまた“何よりおもしろい‼“私は、いつも笑ってしまうのだ。今でこそ、お年を召されているが色艶もよろしく、セクハラと言われそうな言葉がポンポンと口から出る。まぁ、ご指導いただく私達も既にそんなことで顔を赤らめる歳ではなくなりましたがネ~!若い頃は、さぞかし女優さんと浮き名を流したことでしょう!❮一炊の夢❯飲み屋のワンシーンでは、バックに『藤圭子/夢は夜ひらく』が流れ、昭和の旧き時代のスパイスを効かせたところが聞き所。梅田先生ナイス・チョイス👍 演じる側も、じっくりと聴かせてくれる。ラストもいい感じ! ❮千年烈日❯は、男と女の愛を「一炊の夢」とは違った愛の形を描き、男と女ってほんとにしょうがないんだよね…。好きになったら、見境がなくなっちゃう❗そういう危ういところを、うまく演じられている気がする。この2作品に比べると❮死に水❯は、コミカルな要素を聴き手に伝えきれない弱さがある。男の掘りさげ方がハンパ、根っからの悪ではないが、尤もらしい作り話でごまかそうとするズルい男を演じます!どうしよう?梅田先生が、こっちを見て笑ってる!アア~…! ❮つづく❯

おかあさん…。杜子春は、地獄に送られた先で痩せさらばえた馬に変えられた母に対面する。そのむち打たれる姿に…、思わず声を出しそうになるのを止める母親。声を出せば仙人になるという夢が潰えるからだ。だが…その瞬間、杜子春は声をあげていた。

❮有料介護付き老人ホーム/アミカの郷・流山❯ 中規模ながら、介護に手厚く、最後の『看取り(みとり)』までやっていただけます。92歳の母と、お別れするその時まで、これからも【絵本と紙芝居の読みがたり】を届けたい…。

紙芝居は、「杜子春/芥川龍之介」「にゃーとないたのは、だ~れ?」の2作品。絵本は「さるのひとりごと」、落語ばなしから「寿限無」の朗読をいたしました。

《新松戸地区ふれあい会食会》第④回、7/18(火) ❮中央パークマンション/集会所❯ にて【絵本読みがたりと落語】を披露させていただきました!そして、会場には50人を超えるほどの方々がお集まりになられて、お年を感じさせない元気いっぱいの皆様と楽しい時間を過ごすことができました!

 まず、昔ばなし『いっすんぼうし』“タンポポよこちょう、つくしのはずれ🎶”のくだりでは、【可愛らしい声の演出】に会場の皆様の笑いが止まらず、これには思わず「読み手である」私も大笑い‼落語は『首屋』を演じさせていただきました。これは、「食いつめてしまった遊び人」が、お殿様に自分の首を買い上げてもらい、【七両二分】の前金を旨いこと騙し取ってしまうというお話し。予め『張り子の首』を用意して、斬られるところをかわしながら、『首』を転がす。お殿様は、❮これは張り子の首じゃ❗わしが欲しいのは、そちの首じゃ‼❯ すると、❮いえいえ、これは看板でございます❗❯ (笑笑)
 この一枚は、座を盛り上げてくださいました皆様にムリを言って撮らせていただきました。どちらも若々しく、上品な趣味をたくさんお持ちになっていて、人生を楽しんでいらっしゃる様子が窺えました❗
 
次回 ❮絵本読みがたり/朗読❯ の予定は、【9/19(火)】(場所) 新松戸『未来館』で行います❗

先日の7/13(木)、さる処で ❮房州うちわ❯ をいただきました!パタパタとやると、“安房の匠の織りなす風”が、ふんわりと磯の香を伝えます。ア~、いい気持ち❗

さる処とは、❮ホテル/ニューオータニ幕張❯ 会場2F『鶴の間』は、こんな感じ!「総会」開始1時間前。全国からの参加者のための配慮ですか~ !Σ(×_×;)! エレベーターホールで和服姿の女性がお出迎え!まあ、その何とお美しかったこと❗💖💕

絵に描いたような夏空❗それにしても、この風の強さは…何でしょう?
失礼ながら、『日私学保連/千葉県大会』の内容に比べ“ 千葉県のPR” 頑張ったね! お~しまい。

毎月、第二/日曜日。日中の暑さがウソのように夕方の風に変わる頃、私は…お気に入りの ❮cafe❯ に顔を出します。

いわゆる古民家の一階部分の半分、ご覧のようにガラス戸がしまっていると営業していても、思わず避けたくなるような店構え。仮に開いてたとしても、すっかり角のすりへってしまった高い敷居を跨ぐ勇気は、なかなか持ち合わせてはいないだろう。土間を思わせるタタキにはコンパクトなキッチンが半分を占め、小さなテーブルが二つ、客を待っている。一歩、敷居の外に足を踏み出せば、歩行者と車の行き交う風景に浸りながら、夕方の風を感じることさえできる、贅沢な時間が過ごせるだろう!また、幸運にも時間さえ合えば❮アルパ(小さくしたハープみたいな楽器?)の生演奏❯だって聴けてしまうのだ。ここは、昔、宿場町/松戸の【探検隊ひみつ堂】。インドネシアコーヒー/紅茶他と店主のリノさんと“気の置けないおしゃべり”が楽しめる【cafe】なのだ!私のお気に入りは、❮シナモンを効かせた、ミルクティー❯、ホットがおすすめ‼ 『MAHAMERU Cafe & Bar』で検索急げ!

中央の男性が、Ownerの『リノ センレワ』さん。彼の母国ではコーヒー栽培の農場主でもある。インドネシアの親善大使の肩書きも持つ。笑顔がチャーミングな33才。灯りが点く頃には、こんな感じ!営業日は、原則的に【日,月】だったっけ? リノさ~ん!ね~!

またまた、車ネタですが。それが何か…?

マットなオリーブカラーは、まさに「ザクのイメージ」そのものです。しかし…、最初は好きな色でオールペンしただけのことで、さてどうしたものか…と考える内に「遊び心」が、湧いてきたのです。退職をきっかけに、その当時、長男が夢中になっていた ❮ガンダム❯ のプラモ作り。もはや、これしかない!『人に、何と言われようと‼』
車のカスタムにご興味のおありの方は、【松戸/タキザワ自動車】を〘検索〙。一緒に病気になりましょ! (^_^)v

いいじゃない?好きなんだから!もはや、誰にも止められない。

カテゴリー:

❮クレヨン❯ は、絵本読みがたりのグループ名。と言ってもメンバーは、この私一人!毎月、第二週の日曜日は①【14:00~14:30】『伊勢丹/新館3F』❮子どもの広場❯   ②【15:30~16:00】『松戸市子ども読書推進センター』の二ヶ所で活動しています。

2Fには、それほど広くはないが『絵本と紙芝居など児童書』だけが納められた図書館があり、その蔵書の数から言っても、利用しやすく分類されていることからも非常に貴重な施設となっています。そこは、私にとって ❮宝の山❯

7/9(日)伊勢丹/松戸店 ❮新館3F・こどもの広場❯ にて、絵本読みがたりと紙芝居を始めました!今のところ、毎月/第2週の日曜日(14:00~14:30)となっております。お買い物などでお越しの際、もし宜しかったらお出でくださいませ!

 

そもそも、これは本館8Fのジュンク堂書店を訪ねたことがご縁で、松戸市立図書館の別館??「松戸市子ども読書推進センター」を紹介いただき、【登録/推薦】を経て ❮新館3F・子どもの広場 ❯ での『絵本読みがたり/紙芝居』第1回目を無事に終えることができました。

新館3F/子どもの広場は、こんな感じです!開始14畤の前には、館内放送でアナウンスがあって、既に7,8人(2~4,5歳児)ベビーカーを押しての保護者の方も、ほぼ同数お出でになられていました。一時は、通行に支障があるのではと思うほどに大勢の方が足を止めてくださり、小さなお子様をお持ちの方にとって関心の高さを表しているようです!

7/6(木)絵本読みがたり、紙芝居の出前をして参りました!ところは、流山市にある【介護付有料老人ホーム/アミカの郷・流山】92歳になる私の母がお世話になっていることで、数年前から楽しんでいただいております。

 

私の友人「日蓮宗のお坊様」を伴って、「アミカの郷/流山」を訪ねました。七夕飾りが、訪問者を優しく迎えてくれました。帰りしなに、施設長の方を挟んで、笑顔でパチリ!【老人ホームにお坊様って、何?笑顔の訳は何でしょう?】

❮紙芝居❯ なまけもののろばのはなし・よくばり王様のふしぎなかんむり・あとかくしの雪
【絵本】きれいなはこ・ことばのひろば/は、は、は・おいていかないで・えすがたあねさま
 を読ませていただきました。

気の緩みが、こんなことに❕皆さんも経験がおありのことでしょう。車と柱の間の狭いスペース、最後の最後に…。 ゴツン☆

昔、むかし。11年前の初々しい頃の私の車。しかし、カスタマイズは始まっていた!❮スタディ❯ がまだ横浜にしかなかった時代、随分と通ったものです。そして、オドメーターが200,000㎞を越えた今も、さらにその距離を伸ばし続けている。
 車も自分も、とんでもなく変貌を遂げてしまった!それは、ジオン皇国軍『量産型モビルスーツ』 世に知られるところの【 MS-06 ZAKU Ⅱ】

❮災い転じて、福と成す ❗ ❯ チョコチョコって、色塗って、銀色のバッテン貼って、あーおしまい! 落ち込んでいた気分も “どこへやら”。

17年、こんな車になっちゃった。おしまい!

カテゴリー: