こんなところに「WANTED!の似顔絵」が…。 わたしは市内の、とある小学校に、5月から非常勤の講師として勤務をはじめました。

    自作のポスターは、昇降口を始め各階フロアに先生達が貼ってくれたもの。翌朝、登校した児童の目に留まらない筈がない。 私は、忽ちの内に子ども達に囲まれてしまった。私の業務は、昼休みの時間に「チャレンジルーム」という学習室で、子ども達を待ち、プリントを用意したり、算数のことで相談にのってあげることなんです。

       インパクト・MAX   みんなが笑うんです。似てるかって?   自分で描いて何ですけど、“  下品なところが  ”   超、似てる!

まさに、PR効果がバツグンだったというわけです!

 

6/9(土)は、大忙し ❗ 一番街からほど近い「多目的商業施設/2F」にある【まちの健康研究所/あ・し・た】って、何?

 

25才の歳の差、二人。カトリさんは私にとって、かけがえない相棒です! まじ、カトリさん、ハンパないっす! 体脂肪率が、『4.1』だってよ。

タニタって…スゴい!… “体組成計”を体験してみたら、何と!こんな結果が…

季節は、もう秋…「アルパの調べ」を聴きに、おいでよ!  かろやかな弦の響きが、甘く切なく、貴方にせまります! 大地の温もりとおおらかな人々の明るさに、きっと癒やされることでしょう!

❮MAHAMERU -cafe❯は、常磐線「松戸駅西口」から、徒歩4分。旧水戸街道に面した、『松戸市観光案内所/ひみつ堂』隣りにある。ご覧の通り、戸口が庇から奥まっているので気づかずに、通り過ぎてしまわぬようにご注意を‼    古民家をリノベーションした佇まいが、町中にあるのが逆に新鮮!

ガラス戸を開けた軒先に、毎月/第2-日曜日だけ、【アルパ奏者のと~っても、ステキな女性/Aさん】が、生演奏! 足を止めて聞き入ってしまう方もいらっしゃいます。曲のリクエストにも応じてくださいますので、楽しいひとときを過ごされては如何ですか? アルパのことや弾き方も教えてくれるよ!

これ、「MAHAMERU -cafe」オーナーの『リノさん』の名刺  (オマケ )

17年の時を隔てて、Xの5と6が車庫に並んでる。耳を澄ましてみると何か…聞こえてこない?

『210,000㎞も走ったんだよ。それでも、僕はまだまだ走りたいんだ❗』『ヘェ~!そこへいくと、俺なんかピッカピカのカチカチだぜ!これから、いくらでも走れるのさ!でも、そんだけ大切にされてさァ…。X5くん、君が羨ましいよ…。身体は大事にしろよな。元気な内に、また並んで写真を撮ろうぜ‼

こうして並ぶことは、あまりないけれど…。“ いい加減に捨てなさい!” ここ数年言われながらも、❮かれこれ… 17年❯。 家族と自分の思い出を積んで、今も元気に走る!こんなにしちゃったら、もう手放せる訳がない‼  自分が廃車?になるまでは、ずっと傍に置いておきたい気持ち、分かってくれるかなぁ。メインテナンスは、ちゃんとやってるよ。そうそう「エンジンoil」継ぎ足ししなくちゃ~!

 

続きを読む

毎月、第二/日曜日。日中の暑さがウソのように夕方の風に変わる頃、私は…お気に入りの ❮cafe❯ に顔を出します。

いわゆる古民家の一階部分の半分、ご覧のようにガラス戸がしまっていると営業していても、思わず避けたくなるような店構え。仮に開いてたとしても、すっかり角のすりへってしまった高い敷居を跨ぐ勇気は、なかなか持ち合わせてはいないだろう。土間を思わせるタタキにはコンパクトなキッチンが半分を占め、小さなテーブルが二つ、客を待っている。一歩、敷居の外に足を踏み出せば、歩行者と車の行き交う風景に浸りながら、夕方の風を感じることさえできる、贅沢な時間が過ごせるだろう!また、幸運にも時間さえ合えば❮アルパ(小さくしたハープみたいな楽器?)の生演奏❯だって聴けてしまうのだ。ここは、昔、宿場町/松戸の【探検隊ひみつ堂】。インドネシアコーヒー/紅茶他と店主のリノさんと“気の置けないおしゃべり”が楽しめる【cafe】なのだ!私のお気に入りは、❮シナモンを効かせた、ミルクティー❯、ホットがおすすめ‼ 『MAHAMERU Cafe & Bar』で検索急げ!

中央の男性が、Ownerの『リノ センレワ』さん。彼の母国ではコーヒー栽培の農場主でもある。インドネシアの親善大使の肩書きも持つ。笑顔がチャーミングな33才。灯りが点く頃には、こんな感じ!営業日は、原則的に【日,月】だったっけ? リノさ~ん!ね~!